【WDW】性犯罪歴のあるゲストがアリエルとのグリーティング中にセクハラ、そして逮捕へ

広告




おざっす!

この記事は、インサイドザマジックより引用し、翻訳しました。

前書き、このニュースはWDWで起きた事件についてです。

もしディズニーの”裏側”や”マジック”ではない部分を知りたくない方は、戻るボタンを押してください。

ここからは、個人の判断にお任せします。

引用記事:Sex offender accused of groping Disney Cast Member during character meet and greet

イメージは事件の起きたアリエルグロットの横のアトラクションです。
イメージは事件の起きたアリエルグロットの横のアトラクションです。

あるウォルトディズニーワールドキャストメンバーは、性的犯罪者として登録されているディズニーのゲストから、マジックキングダムでシフト中にセクハラを受けました。

オレンジ郡保安官事務所によると、土曜日の午後、被害者は、マジック・キングダムのファンタジーランドのエリア内にあるアリエルの洞窟で、ブライアン・シャーマン(加害者)彼の妻は、被害をキャストメンバーの横に座ってグリーティングをしていました。

キャラクターのグリーティング間に、シャーマンは女性に何度も彼が彼女のキャラクターを愛しているのかを繰り返して話し、彼は腕を彼女の肩に巻きつけました。

ディズニーのポリシーでは、ゲストがキャラクター・キャストメンバーの肩に腕を回して撮影することが禁止されています。被害を受けたキャラクター・キャストメンバーは、シャーマンと彼の妻の間に挟まれていた上、アリエルというキャラクターの設定上移動もできませんでした。

その上、シャーマンは手を下の位置に動かし、数秒間キャストメンバーの胸部に手を伸ばして模索したと述べています。

ディズニーフォトパスカメラマンと別のディズニーキャストメンバーの両方が、被害者の状況と不快さに気付いていたため、シャーマンに手を動かして「王子のようなポーズ」を指示しました。

Screen Shot 2019-11-05 at 6.11.35 PM.png

写真のアリエルはサンプルイメージです。

レポートによると、キャラクターとのグリーテイングが終了した後、シャーマンと彼の妻は去り、被害者がすぐに震えて泣き始めたため、キャストメンバーはすぐにテーマパークの洞窟エリアを閉じました。

弁護士は、シャーマンを容疑者として特定するために当時働いていたウォルト・ディズニー・ワールド・フォトパス・フォトグラファーの写真を使用したと述べた。その後、シャーマンを暴行罪で逮捕されました。

記録によると、1991年、シャーマンは12歳未満の犠牲者の大人によって性的暴行の罪で有罪となった。シャーマンはオーランドに住む性犯罪者として登録ています。

Source: Click Orlando
記事引用はここまで。

WDWで働いている知り合いは、ゲストに噛まれたり舐められたこともあるとか。また、前回キャストのOOな話で、話題を募集したところ。東京のディズニーでもゲストからのセクハラ被害についての投稿がありました。

この様なことは、表にでていないだけで日常的に起きているのかなとも取れます。この様なことが二度と怒らないことを願うばかりです。

広告




広告




HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す