【WDW】ディズニーワールドテーマパーク再開に向けて新しい非接触型セキュリティとバッグチェックシステムのテスト

おざっす!

ディズニーは、来月再開されるテーマパークに先立って新しいセキュリティスキャンシステムを試験的に運用しているようです。現在、テストはディズニースプリングスのライムガレージ、エスカレーターの入り口付近で行われています。

広告




新しいプロセスではスキャナーをウォークスルー(通り)します。スキャナーは、テクノロジーの製造元からのビデオで以下に表示されています。

Evolv Expressは、「これは市場で最速の武器スクリーニングシステムであり、毎分60人を銃器やその他の脅威から常に監視しています。 1時間あたり3,600人、つまり従来のチェックポイントシステムよりも10倍高速です。」メーカーより。

広告




テスト中に偶然ディズニースプリングスにいた記者(WDWNT)に、新しいシステムを試してもらいました。彼はスキャナーを通り抜け、セキュリティをチェックするために、カメラとアルミ製の水ボトルを別のTSA(空港手荷物検査)スタイルのビンに入れるように求められました。このチェックは二次チェックテーブルで行われ、そこで彼のバッグは目視で内側と外側を検査されました。このビンはアイテムを置くための場所だったのでゲスト間の消毒は行われていませんでした。

広告




この新しいシステムの優れた点は、非接触型であることです。これは、COVID-19以降の世界をナビゲートし始めるときに重要になります。ここ数週間でハウスキーピングとトランスポーテーショんの新しいプロトコルも実行されています。

HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す