【TWDC】ボブアイガー氏ディズニーから撤退、バイデン新政権での役職を検討か!?

元CEOで現在はウォルトディズニーカンパニーの会長であるボブアイガー69歳は、「ネズミの後の人生(life after the mouse)」の計画について大きな考えを持っています。 インタビューで、彼は米国大統領に立候補することを真剣に考えていることを公然と認め、それらの計画は行き来しているが、彼は次期大統領ジョー・バイデンの政権で役割を果たすことを受け入れると述べた。

Credit: Bloomberg

「TheDavidRubenstein Show:Peer-to-Peer Conversations」の最新エピソードで、アイガーはインタビュー(2020年9月11日記録)に登場し、2016年の選挙後に大統領に立候補することを真剣に検討したと述べ、 それの実現可能性を研究するためのたくさんの「宿題」。 最終的に、彼は「ビジネスマンが実際に指名を得るのは民主党でどれほど難しいかもしれない」ということに気づきました。

Credit: Bloomberg

しかし、大統領選に出馬することがアイガーのやることリストから外れた今、彼ははるかに実現可能な何か、つまりバイデン政権での役割、または少なくとも何らかの形で国に奉仕するチャンスを求めています。 彼がインタビューで述べたように:

“Giving back in some fashion—serving our country in some fashion—is certainly something that I would consider seriously… but a lot of it would depend on what it is, what the opportunity is, and whether I thought it would be something that I would both be stimulated by and be good at.”

「何らかの形で恩返しをすること、つまり私たちの国に何らかの形で奉仕することは、確かに私が真剣に検討することです…しかし、それが何であるか、機会が何であるか、そしてそれが私が何かであると思ったかどうかに依存します。 刺激を受け、得意になるでしょう。」

しかし、公務員の役割を引き受ける前に、アイガーはまだディズニーでもう1年残っています。 ブルームバーグによると、彼はまだ会社の会長を務めており、2021年の12月まで辞任する予定はないという。

引用:Disney’s Iger Says He’d Consider a Role in Biden Administration

引用:Bob Iger Leaving Disney Completely in December 2021; Considered Running for President, Now Wants Role in Biden Administration

HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す