【WDW50th】ウォルトディズニーワールド50周年:”ディズニーカイトテール”のザズーが公開

アニマルキングダム:昼のショー“Disney KiteTails”10月1日デビューでお伝えしました、”ディズニーカイトテール”のショーの一部が公開されました。

”ディズニーカイトテール”

ディズニーのアニマルキングダムテーマパークでは、新しい昼間のエンターテイメントも楽しめます。 10月1日からディスカバリーリバーアンフィシアターで毎日数回生き返る「ディズニーカイトテール」のこのアーティストレンダリングをチェックしてください。パフォーマーは、水上で精巧な3次元カイトに乗っている間、あらゆる形状とサイズのウィンドキャッチャーとカイトを飛ばします 30フィートの長さに伸びるものもありますが、シンバ、ザズ、バルー、キングルイなどのディズニーの動物の友達が描かれます。 これらのカラフルな作品は、家族全員のための高揚した、活気のある経験で、お気に入りのディズニーの歌のビートに合わせて空を踊ります。

そこで登場するザズーの凧。

どーっすか?

ダイノノランド近くにあるディスカバリーリバーシアターで毎日数回開催される予定です。シアターに入ると、パフォーマーのチームが参加し、ディズニーの動物で飾られた特大の小道具や凧のカラフルなコレクションを持ってきます。 「リトルマーメイド」、「バグズライフ」、「ファインディングニモ」の友達。お気に入りのディズニーの曲のオリジナルのワールドビートのアレンジが空気を満たし、ラグーン上での印象的な凧のショーの開始に向けて興奮が高まります。

ダイナミックな凧と、「ライオンキング」や「ジャングルブック」のなじみのあるキャラクターを描いた巨大な凧が登場。公演から別の公演まで、空で踊るクマのバルーや、シンバを追いかけているアカハシコサイチョウのザズーを見ることができます。長さ30フィートにもなるこれらの注目に値する凧は、空中を移動することで膨らみ、キング・ルーイやティモン、プンバアなどのキャラクターがかつてないほど舞い上がることができます。


ななぴのボヤキ

Coming Soon

ウォルトディズニーワールド50周年アップデート集は、こちらから!

HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す