【 ウォルトディズニー社】ボブ・チャペック退任を求めてファンが署名活動

なんと、ウォルト・ディズニー・カンパニーの最高経営責任者(CEO)ボブ・チャペックの退任を求めた署名活動が行われています!

ボブ・チャペックとは?

ロバート・チャペックRobert Chapek、1960年8月21日 – )は、アメリカ合衆国のメディアエグゼクティブ、実業家であり、ウォルト・ディズニー・カンパニーの最高経営責任者(CEO)として知られる。2020年2月25日にCEO就任以前はディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツの会長であった。

2020年2月、チャペックは2021年まで会長を務める予定のボブ・アイガーの後任としてウォルト・ディズニー・カンパニーの最高経営責任者(CEO)に任命された。2020年4月チャペックはディズニー・カンパニーの取締役会に選出された。同月、チャペックがCEOである一方で2019年末より流行している新型コロナウイルスによる混乱を理由にアイガーが経営執行役会長としてウォルト・ディズニー・カンパニーの業務を指揮していることが明らかとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AF

Fire Disney CEO Bob Chapek、このウェブサイトではオンラインを通して署名活動ができます。

ここでの退任を求める理由としては、

ボブ・チャペックは、2015年にディズニーのパークスアンドリゾーツの会長に就任して以来、質よりもお金を優先してきました。Covid-19のパンデミックが考慮されているにもかかわらず、予算を大幅に削減しました。会社全体で28,000人以上の従業員を解雇しパーク内での出来事よりも、現在の大金を稼ぐディズニープラスに焦点を移しています。現在のパークリゾートの会長であるジョシュ・ダマロは、現在の状況ではあまり多くのことを行うことができませんでしたが、パークに深く関わり、品質を保証し、ゲストに挨拶し、さらには高品質を保証するために新しいアトラクションに乗りました。彼は、レイオフの影響を受けたディズニーワールドとディズニーランド全体のキャストメンバーを慰め、謝罪することさえしました。一部抜粋

そして現在フロリダ時間:10/26/2021 4:00pmでは、15,000人を超える退任賛成の署名が寄せられています。

アメリカ国内では、パーク内のコスト削減をしまくるボブ・チャペックに対していい印象を持っていないファンが多く、先日デビューしたジーニー+やパークチケットなどの値上げでもっと反対派が増えたと思われます。この署名活動がこの先のウォルトディズニー社にどう影響が出るのか?どれくらいのファンが反対活動の署名をするのか見どころだと思います。

皆さんは、どう思いますか!?

ウォルトディズニーワールド50周年アップデート

HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

ウォルトディズニーワールド関連動画

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す