【WDW】#スターウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー独占プレビューで学んだ31のこと

スターウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー独占プレビューが現地メディア向けに行われました。

この記事は、StarWars.comの引用です。

記事の内容が長いため、英語版と下にGoogle翻訳をした日本語版を載せています。

When you board Star Wars: Galactic Starcruiser, the transformative two-day immersive experience will be unlike anything you’ve experienced before. A spread of galactic cuisine will take you on a culinary tour of the stars, with dishes inspired by Star Wars planets. A boutique provides opportunities to dress the part, including some garments inspired by the Star Wars films and modeled after actual costumes plucked from the Skywalker Ranch archive. And whether your journey takes you to the underworld, turns you into a recruit for the Resistance, or has you sympathizing with the First Order, you can be sure it will be a wholly unique experience complete with the chance to train with a lightsaber.

StarWars.com recently visited Walt Disney World Resort for an early look at all things Star Wars: Galactic Starcuiser. Here are 31 fun facts and tidbits we learned during our stay.

Guests will learn the ways of the Jedi during lightsaber training aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Disney/Lucasfilm Ltd.)

1. You’ll get to live out your dreams of lightsaber training.

There have been other opportunities to wield the weapon of the Jedi, building a unique blade inside Savi’s Workshop or procuring replicas of those carried by some of the most famous Jedi and Sith. But it’s a different beast when you’re tasked with not only igniting the blade but learning to use it for defense.

 2. It’s definitely not a hotel.

During an exclusive press panel, both Scott Trowbridge, portfolio creative executive, Walt Disney Imagineering, and Elizabeth Mullins, vice president of Hotels and Resorts for Walt Disney Parks and Resorts, noted that even though you’ll presumably sleep in the appointed cabin during your two-day immersive experience inside Star Wars: Galactic Starcruiser, they’re not calling it a hotel and for good reason. “It’s easy for me to say it’s not a hotel, but it takes a little bit more conversation to describe really what it is and what our guests are going to be able to experience,” Trowbridge says. In 50 years of Disney Parks and Resorts in Florida, the Starcruiser is truly the first of its kind. “It is unlike anything that anyone has ever done before,” he adds. “And I think it is very exciting because it’s actually very much in keeping with Imagineering and Lucasfilm to invent new ways of delivering experiences, new ways of telling stories. This is absolutely a next step in innovation of how immersive we can be.”

In the words of Ann Morrow Johnson, executive producer and creative director for Star Wars: Galactic Starcruiser, it’s a piece of immersive theater, coupled with a signature dining experience, and select elements of a standard cruise. “We’re developing a thing that hasn’t been done before, at least not at this kind of scale and not this kind of level,” adds Trowbridge. “I think that’s consistent with the kind of innovation we’re always striving to do to find ways to create these experiences and bring our guests closer to the stories and characters we care about.

Guests will learn the workings of the bridge aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Disney/Lucasfilm Ltd.)

3. The inside of the ship is most impressive, but so is what’s happening outside.

For the tailored experience, designers created the Halcyon starcruiser from the ground up, including the massive starfield and passing ships viewable outside any viewport onboard.

“We’ve built a galaxy,” says Sara Thacher, the senior R&D Imagineer with Walt Disney Imagineering Research & Development.

 4. Chewbacca and other familiar faces will join you onboard.

The towering Wookiee and other legacy characters make an appearance during the two-day immersive excursion, including Rey. And Trowbridge says there are other known characters that have yet to be revealed.

5. If things go wrong, you’ll come face-to-mask with the fearsome Kylo Ren.

Taking place between the events of Star Wars: The Last Jedi and Star Wars: The Rise of Skywalker, the cruise inhabits a pocket of time when the Resistance is still rebuilding itself to defend the galaxy against the First Order threat.

6. The story onboard the experience connects directly to events unfolding inside Star Wars: Galaxy’s Edge.

Trowbridge notes that participants will get a deeper understanding of the backstory of the coaxium heist at the heart of Millennium Falcon: Smugglers Run and the heart-pounding evacuation of Batuu’s Resistance base in Star Wars: Rise of the Resistance.

Captain Riyola Keevan concept art

7. The Halcyon starcruiser will be helmed by Captain Riyola Keevan.

The experience introduces a bevy of new faces and droids, including the Resistance sympathizer who commands your cruise vessel, Captain Riyola Keevan. But you alone will get to choose your allegiance. “Because we’re spending two days, two nights with this story, living our Star Wars adventure on this voyage, it means that the story unfolds and we’re actually able to develop relationships, explore all of that depth [in] these characters,” says Thacher.

8. It’s a playful experience, so it’s okay to explore your dark side.

“I have to respectfully reject the framework of good and evil here,” says Trowbridge. At the end of the day, though, this is an epic Star Wars-level story where major things, including lives, are at stake. We’re going to play that. We’re going to present that as part of this story.” That means even if you usually inhabit a pretty average, mild-mannered story in your daily life, here you can dabble in smuggling, or even join the First Order. No judgement.

9. Invitations to help Resistance, crew, and the First Order abound.

Among the areas that passengers can play along will be stories of Resistance, the underworld, the Force, the First Order, and the locals. “It’s a series of invitations to engage,” Trowbridge notes, “never an obligation. It’s like building the most epic Star Wars playset.”

Guests will step into a bustling atrium when they arrive aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Disney/Lucasfilm Ltd.)

10. The datapad available to add depth to Star Wars: Galaxy’s Edge will continue to play a role in the Starcruiser experience.

“Are you going to help the First Order?” asks Anisha Deshmane, assistant producer, Walt Disney Imagineering. “Are you going to sell out Chewbacca?” The choice is yours.

11. Couching the experience in a starship cruise was the eureka moment.

Disney Imagineers began thinking about an immersive Star Wars experience as they were planning Star Wars: Galaxy’s Edge six years ago, but it wasn’t immediately clear how they would meld the luxury of a themed Disney hotel with the playability of the Parks. When someone suggested they model the experience after the Disney Cruise Line, with a planned itinerary, experiences, excursions, and luxurious fine dining, Star Wars: Galactic Starcruiser snapped into focus.

This artist concept rendering does not represent current operational guidelines or health and safety measures such as face covering and physical distancing requirements. Guests experiencing Star Wars: Galactic Starcruiser – opening in 2022 at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. – will have fantastic meals in the Crown of Corellia Dining Room, seen in this artist concept rendering. The enticing supper club is a bright and welcoming hall offering menus of both otherworldly and familiar origins. One night’s dinner will feature a live performance from a galactic superstar. (© Disney © & TM Lucasfilm)

12. The choices you make will impact your adventure.

With between 100-500 passengers onboard, the immersion calls for contained chaos and a sense of community as individuals live out their own stories making decisions that impact the experience as a whole. It is this giant living ecosystem,” Johnson says. Only you can choose your destiny.

“And so there’s no world in which one person will see everything that happens on the ship at any one time,” she adds. “They’ll all eventually converge, but I think it’s a very satisfying conclusion.

“Your choices matter. Your choices change what comes next for your story,” adds Thacher.

13. It’s Star Wars, so you can bet your credits that not everything is going to go according to plan.

The playability factor also means no two voyages will be alike. “You’re going to go on missions and depending on who you choose to meet or who you choose to help, you will actually see different stories in your scenes that will unfold differently,” Johnson says.

14. The journey is geared toward people of all ages and interest levels.

You don’t have to be a Star Wars expert to enjoy your stay, or plan ahead with a full cosplay ensemble. “There are levels and layers here. You can come in without knowing and without ever having heard of Star Wars and still have a great experience because everything you need is going to be inside this experience,” says Trowbridge. “And we really do mean all ages. We’re designing it for groups of friends, adults, kids, and multi-generational families who want to come and experience it together. Really, it’s all those different folks: people who are fans of Star Wars, people who are fans of Disney, people who want to try something new.”

“All you have to know is I’m going on vacation,” says Wendy Anderson, executive creative director for Disney Live Entertainment. That extends to the itinerary, with opportunities to be more of an observer to the story that unfolds or a participant who slices into a datapad or terminal and convinces a crew member to give them a special mission. But if you miss a story point while taking a nap in your cabin, there’s no replay. “Time passes on the Halcyon,” Johnson notes.

Guests will dine in style from an expertly crafted menu while aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

15. The chefs have scoured the Star Wars galaxy for the all-inclusive menu.

For a “taste around the galaxy,” a Mustafar-inspired bread service with nitrogen accents is among the culinary delicacies that have taken cues from Star Wars storytelling. There’s also a delightful blue bantha butter and more adventurous options like blue shrimp from the planet of Felucia that will arrive smoking, a complexity that’s a feast for the senses; diners smell the dish before tasting it.

Dishes appear vaguely familiar yet are nothing like you’ve experienced before — even inside Star Wars: Galaxy’s Edge. “This is the high end. This is the ultimate in Star Wars luxury,” says Trowbridge. “One of the things I love about how this team has approached this is the level of storytelling. [They] thought about what ingredients would be on board a space cruise ship. What is the fictional supply chain that leads to these dishes? I think that level of storytelling is just fantastic, that depth of immersion that we’re doing everywhere.”

16. One of the dishes comes alive.

You read that right. During a preview tasting, the garnish on a fish dish waved serenely from the plate. Chef John Prieto says the garnish is really a bonito flake, a dried fish delicacy he first encountered at a five-star restaurant on a visit to San Francisco, California. Another dish contained what appeared to be a baby octopus. Take a lesson from the Mandalorian — don’t play with your food.

Guests will dine in style from an expertly crafted menu while aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

17. There’s something on the menu for everyone.

For those with less adventurous palettes and dietary restrictions, there are vegetarian substitutions and the standard chicken fingers, or tip yip, and fries.

18. The Crown of Corellia Dining Room is named for the world of Corellia.

In-universe, the planet is known for its industrial shipyards and the birthplaces of the Halcyon starcruiser, as well as the famed Millennium Falcon.

19. The sleeping pods are bigger than they look.

Some rooms come equipped with built-in bunk beds that are actually large enough to comfortably sleep a six-foot-tall adult. And Mullins says the team invented an all-new mattress just for those capsules.

Star Wars: Galactic Starcruiser Sublight Lounge

20. When you relax at the Sublight Lounge, you can grab a drink and play a game of sabacc.

More well-lit Crimson Dawn finery than dank Mos Eisley hive of scum and villainy, the lounge will include a brand-new menu of beverages including the Hoth Frost, the Mooja Twist, and other tasty delights. There’s also a working holotable for fans of sabacc. Just remember…no cheating.

21. If you need some air, the climate simulator has you covered.

If traveling through space has you feeling the need for fresh air, Johnson has just the thing. “This is the space that we have not talked a lot about. It’s really amazing technology from the Star Wars world,” she says with a wink. “We were able to exactly simulate the climate of the planet we’re visiting on your shore excursion. So in our case, that’s the planet of Batuu.” That means a courtyard with all the sunshine and humidity you can expect on the world, alongside plants collected from other planets where the Halcyon starcruiser has docked. “We’ve got a little garden out there and a simulated roof overhead that is even able to simulate the sky.”

22. A passenger excursion will be transported to an all-new entry point on Black Spire Outpost.

To maintain the illusion, visitors on the Galactic Starcruiser excursion won’t enter Star Wars: Galaxy’s Edge through the main gates of the theme park. “There are locals at the planet,” Johnson says, “and we just ask that you respect their customs as we’re sure they will respect yours.” And creators say to expect some special surprises after touching down on Batuu.

Immersive apparel will be available for guests to purchase during their stay at Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

23. An onboard boutique will help you dress for the occasion, from headtails to toes.

Although passengers are welcome to come decked out in full cosplay from the moment they step foot into the Launch Pod, a ship’s boutique, The Chandrila Collection, will feature a variety of pieces that can be augmented with professional makeup artists. “We’re really focused on transformation and role play,” says Brad Schoeneberg, vice president, Brand Merchandising. “You get to live out a story here. Who do you want to be? Where are you from? We come up with your backstory. Let’s have some fun together.” That includes Disney Parks’ first-ever official head pieces, including Twi’lek headtails and a Togruta’s montrals, a piece that made Ahsoka Tano voice actor Ashley Eckstein squeal with delight when she first saw them. The pair are among the most unique products the company has produced for consumers, Schoeneberg notes.

24. Designers went into the Skywalker Ranch archive to get inspiration from the queen of Star Wars fashion: Padmé Amidala.

One particular cloak, seen above, is the result of careful collaboration and research, examining the screen-used garment worn by Padmé on Tatooine in Star Wars: Attack of the Clones and designed by Trisha Biggar. “We really took the color inspiration from the original, the pattern from the original,” says Tracie Alt, senior merchandiser.

25. There’s also a deep-cut nod to Bail Organa’s loyal aide, Sateen Vestswe.

While they were perusing the archive, designers also pulled in Sateen Vestswe’s ensemble from Star Wars: Revenge of the Sith, including a forest-green jacket and an arm piece that was created by making a 3D digital scan of the original prop, which can be seen below. “Those touches of authenticity are there throughout the entire assortment,” Alt adds. And there’s also Princess Leia Organa’s classic white gown, from Star Wars: A New Hope, for fans of the original trilogy.

Immersive apparel will be available for guests to purchase during their stay at Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

26. You can change your appearance mid-trip.

Just like Finn, you can start out as a First Order stormtrooper and leave as a member of the Resistance. Or maybe peruse your personal cape closet to pay homage to style icon Lando Calrissian?

27. Beyond the screen-influenced pieces, designers took inspiration from the crew for apparel designs.

A pint-sized captain’s uniform — which doesn’t come in adult sizes (we asked) — a blue mechanic’s coveralls, and a tunic that resembles the gear worn by the lightsaber training staff will be for sale for younger passengers. For dinner with the captain, more formal attire indicative of galactic black tie can be purchased, including a sleek wrap dress with a cowl capable of special modifications and a crisp gray tunic with a greeblie accent on the lapel. And some more subtle nods and everyday options, in the form of a gray jacket and a black shirt inspired by Qi’ra in Solo: A Star Wars Story, will be available for a relaxed shore leave.

A bracelet, necklace and pair of earrings bearing the Chandrila Star Line logo will be available for purchase by guests aboard Star Wars: Galactic Starcruiser when the first-of-its-kind vacation experience debuts March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

28. Show your allegiance by wearing the ship’s logo.

There’s also an exclusive line of jewelry bearing the Halcyon logo subtly woven into bracelets, necklaces, and earrings for a high-fashion celebration of the experience. “Just like a cruise line, we have a ship logo [merchandise] line that really celebrates not only our Chandrila Star Line, but also our Halcyon ship,” says Schoeneberg.

Star Wars: Galactic Starcruiser Wine Glass set

29. You can take a piece of the Halcyon starcruiser home…

The collection extends to home goods with wine glasses, coasters, a bottle stopper and other pieces to bring a touch of the Sublight Lounge’s ambience back home. Gold and silver accents give these unique pieces a touch of class, while the shapes are unmistakably Star Wars.

This model of the Halcyon starcruiser featuring light-up cabin windows and engines will be available for purchase by guests staying aboard Star Wars: Galactic Starcruiser, the first-of-its-kind vacation experience debuting March 1, 2022, at Walt Disney World Resort in Lake Buena Vista, Fla. (Matt Stroshane, photographer)

30. …or the ship itself!

For fans who look at the Halcyon starcruiser the way Han gazes at the Millennium Falcon, a scaled replica model of the ship can serve as a reminder of your journey.

31. The experience is undergoing months of test flights before taking off on its maiden voyage.

For the past four months, a select few have been brought aboard Star Wars: Galactic Starcruiser for play tests, abbreviated versions of the final experience that help Imagineers fine-tune how the new technology and recently-onboarded crew will interact with each new arrival of passengers.

“This is my favorite time,” says Thacher. “This moment of getting to see it come to life for the first time.” Trowbridge describes this as the final step in a composing a concerto.  The piano’s been built and tuned, but the people behind the scenes are still figuring out the final piece.

Google翻訳版

ボードいつスターウォーズ:銀河Starcruiser、変革の2日間の没入型の経験はあなたが前に経験したものとは違っなります。銀河料理の広がりは、スターウォーズの惑星に触発された料理で、星の料理ツアーにあなたを連れて行きます。ブティックは、スターウォーズの映画に触発され、スカイウォーカーランチのアーカイブから引き抜かれた実際の衣装をモデルにしたいくつかの衣服を含む、パーツをドレスアップする機会を提供します。そして、あなたの旅があなたを冥界に連れて行くか、あなたをレジスタンスの新兵に変えるか、またはあなたがファーストオーダーに共感するかどうかにかかわらず、それはライトセーバーで訓練する機会を備えた完全にユニークな経験になると確信できます。

StarWars.comは最近スターウォーズ:ギャラクティックスターキュイザーのすべてを早期に確認するためにウォルトディズニーワールドリゾートを訪れました。ここに私たちが滞在中に学んだ31の楽しい事実とちょっとした情報があります。

フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで、2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーでのライトセーバートレーニング中に、ジェダイのやり方を学びます(ディズニー/ルーカスフィルム株式会社)

1.ライトセーバートレーニングの夢を実現します。

ジェダイの武器を振るう、サビの工房内にユニークな刃を作る、または最も有名なジェダイとシスのいくつかによって運ばれるもののレプリカを調達する他の機会がありました。しかし、ブレードに点火するだけでなく、防御のためにそれを使用することを学ぶことを任されているとき、それは別の獣です。

 2. それは間違いなくホテルではありません。

独占プレスパネルで、ウォルトディズニーイマジニアリングのポートフォリオクリエイティブエグゼクティブであるスコットトローブリッジと、ウォルトディズニーパークスアンドリゾーツのホテルアンドリゾート担当バイスプレジデントであるエリザベスマリンズの両方が、スターウォーズ内での2日間の没入型体験:ギャラクティックスタークルーザー、彼らはそれをホテルとは呼んでおらず、正当な理由があります。 「ホテルではないと言うのは簡単ですが、実際にそれが何であるか、そしてゲストが何を体験できるかを説明するには、もう少し会話が必要です」とTrowbridge氏は言います。フロリダのディズニーパークアンドリゾートの50年間で、スタークルーザーは本当にその種の最初のものです。 「これまで誰もがやったこととは異なります」と彼は付け加えます。 「そして、体験を提供する新しい方法、物語を語る新しい方法を発明することは、実際にはイマジニアリングとルーカスフィルムと非常に調和しているので、非常にエキサイティングだと思います。これは、私たちがどれほど没入できるかという革新の次のステップです。」

Star Wars:GalacticStarcruiserのエグゼクティブプロデューサー兼クリエイティブディレクターであるAnnMorrow Johnsonの言葉を借りれば、それは没入型の劇場であり、特製のダイニング体験と、標準的なクルーズの厳選された要素を兼ね備えています。 「少なくともこの種の規模でも、この種のレベルでも、これまでに行われたことのないものを開発しています」とTrowbridge氏は付け加えます。 「これは、これらの体験を生み出し、ゲストを私たちが関心のあるストーリーやキャラクターに近づける方法を見つけるために私たちが常に努力している種類の革新と一致していると思います。

ゲストは、フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで、2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに乗って橋の仕組みを学びます(ディズニー/ルーカスフィルム株式会社)。

3.船の内部が最も印象的ですが、外部で起こっていることも同様です。

カスタマイズされた体験のために、デザイナーはハルシオンのスタークルーザーをゼロから作成しました。これには、巨大なスターフィールドや、船内のビューポートの外で見える通過する船が含まれます。

「私たちは銀河を作りました」と、ウォルトディズニーイマジニアリングリサーチアンドデベロップメントのシニアR&Dイマジニアであるサラサッチャーは言います。

 4. チューバッカやその他のおなじみの顔が船上に加わります。

そびえ立つウーキーと他のレガシーキャラクターは、レイを含む2日間の没入型エクスカーション中に登場します。そしてTrowbridgeは、まだ明らかにされていない他の既知のキャラクターがあると言います。

5.物事がうまくいかない場合は、恐ろしいカイロ・レンと対面します。

スターウォーズ:最後のジェダイスターウォーズ:スカイウォーカーの台頭のイベントの間に行われるクルーズは、レジスタンスが一次脅威から銀河を守るためにまだ自分自身を再構築している時間のポケットに住んでいます。

6.体験に搭載されたストーリーは、スターウォーズ:ギャラクシーズエッジ内で展開されるイベントに直接関連しています。

Trowbridgeは、参加者はMillennium Falcon:Smugglers Runの中心にある同軸強盗の裏話と、Star Wars:Rise of theResistanceでのBatuuのレジスタンス基地のドキドキする避難についてより深く理解するだろうと述べています。

キャプテンリヨラキーバンコンセプトアート

7.ハルシオンのスタークルーザーは、キャプテンRiyolaKeevanによって指揮されます。

この体験では、クルーズ船のキャプテンRiyola Keevanを指揮するレジスタンスシンパサイザーを含む、新しい顔とドロイドの群れが紹介されます。しかし、あなただけがあなたの忠誠を選ぶことができます。「私たちはこの物語で2日2夜を過ごし、この航海でスターウォーズの冒険を生きているので、物語が展開し、実際に人間関係を築き、これらのキャラクターのすべての深さを探求できることを意味します」とThacherは言います。

8. 遊び心のある体験なので、ダークサイドを探索しても大丈夫です。

「私はここで善と悪の枠組みを敬意を持って拒否しなければなりません」とTrowbridgeは言います。しかし、結局のところ、これは壮大なスターウォーズレベルの物語であり、生命を含む主要なものが危機に瀕しています。それを再生します。このストーリーの一部としてそれを紹介します。」つまり、日常生活の中でかなり平均的で温厚な話をしている場合でも、ここでは密輸に手を出したり、ファースト・オーダーに参加したりすることができます。判断はありません。

9.レジスタンス、クルー、ファーストオーダーを支援するための招待状がたくさんあります。

乗客が一緒に遊ぶことができるエリアの中には、レジスタンス、冥界、フォース、ファーストオーダー、そして地元の人々の物語があります。「これは、関与するための一連の招待状です」とTrowbridge氏は述べています。これは、最も壮大なスターウォーズのプレイセットを構築するようなものです。」

フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで、2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに到着すると、賑やかなアトリウムに足を踏み入れます(Disney / Lucasfilm Ltd 。)

10.スターウォーズに深みを加えるために利用できるデータパッド:ギャラクシーズエッジは、スタークルーザー体験で引き続き役割を果たします。

「ファーストオーダーを手伝うつもりですか?」ウォルトディズニーイマジニアリングのアシスタントプロデューサーであるアニシャデシュマネに尋ねます。「チューバッカを売り切れますか?」選択はあなた次第です。

11.宇宙船クルーズでの体験をカウチすることは、エウレカの瞬間でした。

ディズニーイマジニアーズは、6年前にスターウォーズ:ギャラクシーズエッジを計画していたときに、没入型のスターウォーズ体験について考え始めましたが、テーマのあるディズニーホテルの豪華さと公園のプレイアビリティをどのように融合させるかはすぐにはわかりませんでした。誰かがディズニークルーズラインの後に体験をモデル化することを提案したとき、計画された旅程、体験、遠足、そして豪華な高級ダイニングで、スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーが焦点を合わせました。

このアーティストコンセプトのレンダリングは、現在の運用ガイドラインや、顔の覆いや物理的な距離の要件などの健康と安全の対策を表すものではありません。スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザー(2022年にフロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートにオープン)を体験するゲストは、このアーティストのコンセプトレンダリングに見られるように、クラウンオブコレリアダイニングルームで素晴らしい食事を楽しめます。魅力的なサパークラブは、異世界的でおなじみの起源のメニューを提供する明るく居心地の良いホールです。ある夜のディナーでは、銀河系のスーパースターによるライブパフォーマンスが行われます。(©Disney©&TM Lucasfilm)

12.あなたが行う選択はあなたの冒険に影響を与えます。

100〜500人の乗客が搭乗しているため、個人が自分のストーリーを生きて体験全体に影響を与える決定を下すため、没入型の混乱とコミュニティの感覚が必要になります。それはこの巨大な生きている生態系です」とジョンソンは言います。あなただけがあなたの運命を選ぶことができます。

「したがって、船上で起こっていることすべてを一度に1人の人が見ることができる世界はありません」と彼女は付け加えます。「最終的にはすべて収束しますが、非常に満足のいく結論だと思います。

「あなたの選択は重要です。あなたの選択はあなたの物語の次に来るものを変えます」とThacherは付け加えます。

13.スターウォーズなので、すべてが計画どおりに進むわけではないことは間違いありません。

プレイアビリティファクターはまた、2つの航海が同じになることはないことを意味します。「あなたはミッションに行くつもりです、そしてあなたが会うことを選ぶか、あなたが助けることを選ぶ人に応じて、あなたは実際にあなたのシーンで異なって展開する異なった物語を見るでしょう」とジョンソンは言います。

14.旅は、すべての年齢と関心レベルの人々を対象としています

滞在を楽しむためにスターウォーズの専門家である必要はありません。また、完全なコスプレアンサンブルを前もって計画する必要もありません。 「ここにはレベルとレイヤーがあります。スターウォーズのことを知らなくても聞いたことがなくても、必要なものはすべてこの体験の中にあるので、素晴らしい体験をすることができます」とTrowbridge氏は言います。 「そして私たちは本当にすべての年齢を意味します。私たちは、一緒に来て体験したい友人、大人、子供、そして多世代家族のグループのためにそれを設計しています。本当に、それはそれらすべての異なる人々です:スターウォーズのファンである人々、ディズニーのファンである人々、何か新しいことを試みたい人々。」

「あなたが知っておくべきことは、私が休暇に行くことだけです」と、ディズニーライブエンターテインメントのエグゼクティブクリエイティブディレクターであるウェンディアンダーソンは言います。それは旅程にまで及び、展開する物語をより観察する機会や、データパッドや端末にスライスして乗組員に特別な任務を与えるよう説得する参加者になる機会があります。しかし、キャビンで昼寝をしているときにストーリーポイントを逃した場合、リプレイはありません。「ハルシオンは時が経ちます」とジョンソンは言います。

フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで、2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに乗っている間、ゲストは巧妙に細工されたメニューからスタイリッシュに食事をします。写真家)

15.シェフは、オールインクルーシブメニューを求めてスターウォーズ銀河を精査しました。

「銀河の周りの味」として、窒素をアクセントにしたムスタファー風のパンサービスは、スターウォーズのストーリーテリングからヒントを得た料理のひとつです。楽しいブルーバンサバターや、フェルーシアの惑星からのブルーシュリンプのようなもっと冒険的なオプションもあります。これは、感覚の饗宴である複雑さです。食事をする前に、その料理の匂いを嗅ぎます。

料理は漠然と馴染みがあるように見えますが、スターウォーズ:ギャラクシーズエッジの内部でさえ、これまでに経験したことのないものです。「これはハイエンドです。これはスターウォーズの究極の贅沢です」とTrowbridgeは言います。「このチームがこれにどのように取り組んだかについて私が気に入っていることの1つは、ストーリーテリングのレベルです。[彼らは]宇宙クルーズ船に搭載される材料について考えました。これらの料理につながる架空のサプライチェーンは何ですか?ストーリーテリングのレベルは素晴らしく、私たちがどこでも行っている没入感の深さだと思います。」

16. 料理の1つが生き返ります。

あなたはその権利を読んだ。プレビューテイスティング中、魚料理の付け合わせが皿から静かに揺れました。シェフのジョン・プリエトは、付け合わせは本当にカツオのフレークであり、カリフォルニア州サンフランシスコを訪れたときに5つ星レストランで最初に出会った干物の珍味だと言います。別の料理には、赤ちゃんのタコのように見えるものが含まれていました。マンダロリアンからレッスンを受けてください—食べ物で遊んではいけません。

フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで、2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに乗っている間、ゲストは巧妙に細工されたメニューからスタイリッシュに食事をします。写真家)

17.メニューにはみんなのための何かがあります。

冒険心の少ないパレットと食事制限のある人のために、菜食主義の代替品と標準的なチキンフィンガー、またはチップイップとフライドポテトがあります。

18.クラウンオブコレリアダイニングルームは、コレリアの世界にちなんで名付けられました。

宇宙では、この惑星は、工業用造船所、ハルシオンスタークルーザーの発祥の地、そして有名なミレニアムファルコンで知られています。

19.眠っているポッドは見た目よりも大きいです。

一部の客室には、高さ6フィートの大人が快適に眠れる大きさの二段ベッドが組み込まれています。そしてマリンズ氏は、チームがそれらのカプセルのためだけにまったく新しいマットレスを発明したと言います。

スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーサブライトラウンジ

20.サブライトラウンジでリラックスすると、ドリンクを飲みながらサバックのゲームをプレイできます。

スカムと極悪のモスアイズリーハイブよりも明るいクリムゾンドーンの精巧なラウンジには、ホスフロスト、ムージャツイスト、その他のおいしい料理など、まったく新しい飲み物のメニューが含まれます。sabaccのファンのための作業用のホロタブルもあります。覚えておいてください…不正行為はありません。

21.空気が必要な場合は、気候シミュレーターで対応できます。

宇宙を旅することで新鮮な空気の必要性を感じたら、ジョンソンはまさにそれを持っています。「これは私たちがあまり話していないスペースです。スターウォーズの世界からの本当に素晴らしいテクノロジーです」と彼女はウィンクで言います。「私たちはあなたの海岸遠足で訪れている惑星の気候を正確にシミュレートすることができました。だから私たちの場合、それはバトゥの惑星です。」つまり、ハルシオンのスタークルーザーがドッキングしている他の惑星から集められた植物と並んで、世界中で期待できるすべての日光と湿度を備えた中庭を意味します。「そこには小さな庭があり、空をシミュレートすることさえできるシミュレートされた屋根の頭上があります。」

22.乗客の遠足は、ブラックスパイア前哨基地のまったく新しい入り口に運ばれます。

幻想を維持するために、ギャラクティックスタークルーザーエクスカーションの訪問者は、テーマパークの正門を通ってスターウォーズ:ギャラクシーズエッジに入ることはありません。「地球上には地元の人々がいます。彼らがあなたの習慣を尊重すると確信しているので、彼らの習慣を尊重するようお願いします。」とジョンソンは言います。そして、クリエイターは、バトゥに触れた後、いくつかの特別な驚きを期待すると言います。

没入型アパレルは、フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーでの滞在中に購入できます(マットストロシャン、写真家)

23.船内のブティックでは、ヘッドテールからつま先まで、その場での着こなしをお手伝いします。

乗客はローンチポッドに足を踏み入れた瞬間から完全なコスプレで飾られて来ることを歓迎しますが、船のブティック、シャンドリラコレクションはプロのメイクアップアーティストで補強できるさまざまな作品を備えています。 「私たちは変革とロールプレイに真剣に取り組んでいます」と、ブランドマーチャンダイジング担当副社長のブラッドシェーンバーグは述べています。 「ここで物語を生き抜くことができます。誰になりたいですか?どこから来ましたが?私たちはあなたの裏話を思いつきます。一緒に楽しみましょう。」これには、Twi’lekのヘッドテールやTogrutaのモントラルなど、ディズニーパークス初の公式ヘッドピースが含まれます。これは、アソーカタノの声優であるアシュリーエクスタインが最初に見たときに喜んで悲鳴を上げた作品です。このペアは、同社が消費者向けに製造した最もユニークな製品の1つであるとSchoeneberg氏は述べています。

24.デザイナーは、スターウォーズのファッションの女王であるパドメアミダラからインスピレーションを得るためにスカイウォーカーランチのアーカイブにアクセスしました。

上に見られる特定のマントの1つは、慎重なコラボレーションと調査の結果であり、スターウォーズ:クローンの攻撃でパドメがタトゥイーンで着用し、トリシャビガーがデザインしたスクリーン使用の衣服を調べました。「私たちは本当にオリジナルから色のインスピレーションを得て、オリジナルからパターンを取り入れました」とシニアマーチャンダイザーのTracieAltは言います。

25.ベイル・オーガナの忠実な補佐官であるサティーン・ベストスウェにも深い賛辞があります。

彼らがアーカイブを熟読している間、デザイナーはまた、スターウォーズ:シスの復讐からサティーンベストスウェのアンサンブルを引き込みました。これには、森の緑のジャケットと、元の小道具の3Dデジタルスキャンを行うことによって作成されたアームピースが含まれます。以下に見られます。「これらの信頼性のタッチは、品揃え全体に存在します」とAlt氏は付け加えます。また、元の三部作のファンのために、スターウォーズ:新しい希望から、レイアオーガナ姫の古典的な白いガウンもあります。

没入型アパレルは、フロリダ州レイクブエナビスタのウォルトディズニーワールドリゾートで2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーでの滞在中に購入できます(マットストロシャン、写真家)

26.旅行の途中で外観を変更できます。

フィンのように、あなたは一次ストームトルーパーとして始めて、レジスタンスのメンバーとして去ることができます。それとも、あなたの個人的なケープクローゼットを熟読して、スタイルアイコンのランドカルリジアンに敬意を表するのですか?

27.スクリーンの影響を受けた作品を超えて、デザイナーはアパレルデザインのために乗組員からインスピレーションを得ました。

大人サイズではないパイントサイズのキャプテンのユニフォーム(私たちが尋ねた)、青いメカニックのつなぎ服、そしてライトセーバーのトレーニングスタッフが着用するギアに似たチュニックが若い乗客のために販売されます。キャプテンとのディナーには、銀河系のブラックタイを示すよりフォーマルな服装を購入できます。これには、特別な変更が可能なカウル付きのなめらかなラップドレスや、襟にグリーブリーのアクセントが付いたパリッとしたグレーのチュニックが含まれます。そして、リラックスした海岸休暇のために、Solo:A Star Wars StoryのQi’raに触発された灰色のジャケットと黒いシャツの形で、いくつかのより微妙なうなずきと日常のオプションが利用可能になります。

シャンドリラスターラインのロゴが付いたブレスレット、ネックレス、イヤリングのペアは、スターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに乗って、2022年3月1日にウォルトディズニーワールドリゾートで初めての休暇体験がデビューしたときに購入できます。フロリダ州ブエナビスタ湖(マットストロシャン、写真家)

28.船のロゴを身に着けて、忠誠を示しましょう。

ブレスレット、ネックレス、イヤリングに微妙に織り込まれたハルシオンのロゴが付いたジュエリーの限定ラインもあり、ファッション性の高い体験を祝います。「クルーズラインと同じように、シャンドリラスターラインだけでなく、ハルシオン船も称賛する船のロゴ[商品]ラインがあります」とシェーネベルクは言います。

スターウォーズ:銀河スタークルーザーワイングラスセット

29.ハルシオンのスタークルーザーを家に持ち帰ることができます…

コレクションは、ワイングラス、コースター、ボトルストッパーなどの家庭用品にまで及び、サブライトラウンジの雰囲気を家に持ち帰ります。ゴールドとシルバーのアクセントがこれらのユニークな作品に高級感を与え、形は間違いなくスターウォーズです。

ライトアップされたキャビンウィンドウとエンジンを備えたハルシオンスタークルーザーのこのモデルは、ウォルトディズニーワールドリゾートで2022年3月1日にデビューした初めてのバケーション体験であるスターウォーズ:ギャラクティックスタークルーザーに滞在するゲストが購入できます。フロリダ州レイクブエナビスタ(マットストロシャン、写真家)

30.…または船自体!

ハンがミレニアムファルコンを見つめる方法でハルシオンスタークルーザーを見るファンにとって、船のスケーリングされたレプリカモデルはあなたの旅を思い出させるのに役立ちます。

31.体験は、処女航海に出発する前に、数ヶ月のテスト飛行を受けています。

過去4ヶ月間、選ばれた少数がされているに乗って運ばスターウォーズ:銀河Starcruiserプレイテストのために、最終的な経験のバージョンを省略ヘルプイマジニアの微調整は、新しい技術や最近onboarded乗組員は、それぞれの新しい到着と相互作用するかということ乗客。

「これは私のお気に入りの時間です」とThacherは言います。「それを見ることができるこの瞬間は、初めて生き返ります。」Trowbridgeは、これを協奏曲を作曲する最後のステップとして説明しています。ピアノは組み立てられ、調整されていますが、舞台裏の人々はまだ最終的な作品を考えています。


ウォルトディズニーワールド50周年アップデート

HAVE A MAGICAL DAY

フォローよろしくお願いします!

 DISNEYWORLDFAN.JP

ウォルトディズニーワールド関連動画

関連記事

当サイトの内容、テキスト、画像(スクリーンショットも含む)等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ブログやページ内情報の引用については、下記の条件を必ず厳守して、引用してください。

  • 引用元のブログ記事タイトルまたはページタイトルを明記し、該当ページのURLを貼ること。
  • ディズニーの情報は日々変化しております。公開日を必ずチェックしてください。

コメントを残す